中村時広

昭和35年1月25日生まれ
趣味/読書、スキー、バドミントン
尊敬する人/福沢諭吉
座右の銘/至誠通天

【中村時広事務所】

〒790-0801
松山市歩行町2丁目1-6
ウインドパレス歩行町1階
Tel. 089-943-8800
FAX. 089-947-8000







HOME > DJ中村時広

DJ中村時広 FM愛媛/えひめ・熱中・夢中人! 南海放送ラジオ/おーい中村さん!

 「【みきゃん】準グランプリ」

 本年度のゆるキャラグランプリ、多くの皆さんの応援を得て「てっぺん」を目指した愛媛県のイメージキャラクター「みきゃん」は、全国ベースのインターネット投票では1位に輝いたものの、開催地での決戦投票では地元キャラに逆転を許し、準グランプリとなりました。 決戦投票は1票が1.5票に換算され、更には地元の子供たちには入場無料券配布、入口に地元キャラの巨大ブースが設置され、入場したとたんに囲い込みをされてしまうという圧倒的に不利な環境でしたのでやむを得ない結果でした。 ルールとはいえ、小選挙区で敗れて比例代表で復活当選するような形、個人的にはゆるキャラグランプリにこのルールはどうなのかなと思ってしまいました。 インターネット投票1位にこそ価値があると考えてしまうのは僕だけでしょうか、まあ、負け惜しみに聞こえてしまうかもしれませんね。
 来年は開催地を愛媛県に誘致しましたが、今回のイベントの雰囲気を踏まえ、あえて「みきゃん」はエントリーを辞退しておもてなしに徹することにしました。 2年連続で開催地キャラが優勝すれば、グランプリそのものが白けてしまってその価値が低下すること、「みきゃん」が出れば優勝の結果が見えているので、他県ゆるキャラの参加見送りも考えられること、県内の多くのゆるキャラが参加して楽しめる空気を作ることなどを考えた結論です。 ファンの皆さんからは来年の地元開催で「みきゃん」にグランプリをという声を数多く頂くのですが、ここは是非ご理解願えればと思います。  それにしてもよくわからない経過でした。突然投票数がクローズになったり、直前まで現地投票の1.5票換算が発表されなかったり、この当たりは来年愛媛県でやる以上は、運営者に透明性と公平性の点で改善を求めたいと思っています。
 ところで投票数がクローズされる直前にそれまで1位だった「みきゃん」が2位に後退、それを受けた後のファンの皆さんの動きは凄かったです。 若手経営者が「フェイスブック1000人大会」を開催してその中で応援、商店街では「みきゃん」を絡めて特別ポイントセールスを実施、県内大学生が企業の後援を得て1000ポチイベントを開催するなど、楽しみながら皆で盛り上げてくれました。 これぞ郷土愛、ゆるキャラグランプリを通して皆の心が繋がってゆくことこそが最大の効果だったと思います。  また、その結果としてのインターネット投票1位は、ある程度皆が満足できる実績だったとも思いますし、全国への情報発信を通じて「みきゃん」の知名度もアップ、今後の愛媛県の活性化や国体の盛り上げにも確実につながることでしょう。  「楽しさと遊び心がなければ『ゆるキャラ』ではない」をモットーに、期間中に敵キャラ「ダークみきゃん」も作成、味のある役割を果たしてくれました。
 このイベントが無ければ短期間に一気に知名度を上げることは不可能だったことを考えると、極めて効果的なデビューができました。 今後は愛媛県を盛り上げるために、アンパンマンとバイキンマンのような関係で活躍してくれるものと思います。 ちなみに「ダークみきゃん」は古くなった「みきゃん」着ぐるみの再利用、更には県庁職員の手作りですので、コストパフォーマンスは抜群です。
 最後に重ねて「みきゃん」へのご声援、ありがとうございました。くどいようですが、インターネット投票1位です。